トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Area21/部屋14

配置

対処例

dps2

この時点で、dpsはdt3+N5(HUclの場合。HUctだとN4)で倒すことができる。基本的には次のような手順になる。

  1. ftを置く。
  2. dpsが起きるようにdpsを避けつつdtを3つ置く。起きたdpsはHでしっかり抑える。
  3. 3つ置いたころにftが発動する。
  4. 片方のdpsを倒す。HUclならN5発分、HUctならN4発分。
  5. ftを置く。
  6. 凍るのを待って、もう一匹を倒す。

ただし、MISSが多すぎて倒しきれなかったり、ft発動までに起きなかったりもあるので、次のような細かい工夫をすることも必要となることがある。

  • 最初にdpsの起きが悪い場合、近づく方向を左右変えてみる。
  • 出会い頭をNで起こす。当たれば儲けもの。
  • 最初の凍結で2匹ともNHHで殴っておくと、MISSがなければ倒しきれるし、MISSが出れば解凍後潜らないので安心してftを置ける。ただし、HUclでNHHを2セット入れるのはタイミングぎりぎり。
  • 2匹目用に、早めにctを出しておき、2匹目が起きたのを確認してftを出して誘縛させる。

タイム報告

次のゾアの出現時刻を知らせるため、必ずdps2を倒したタイムを報告する(50秒足したタイムは正確ではないので避ける)。人によって、dpsを倒した時点でのタイムを報告する人と、扉の開く音のしたとき(レーダーで扉が緑になった瞬間)のタイムを報告する人とがいるので、聞く側は疑問があればちゃんと聞いたほうがよい。

ゾア2

通称「50秒シノワ」で呼ばれるが、ゾアへの攻撃判定の発生は、正確には扉が開いてから51.5秒後である。よって、ftを置くのは、扉が開いてから46秒後が丁度良い。+46の計算は、秒の部分の数字を14引けばよい。

なお、直前に部屋11に回収とレコ箱壊しに行くため、便宜上、

  • 手前 … 西側・2P3P入り口側
  • 奥 … 東側・4P入り口側

と表記する。

手前FO1・奥HU2

募集TAの場合は、FO1が手前、HU2が奥をやるこの方法が一番多くなる。

FOは、フォイエの射程ぎりぎりの位置で出現まで待機する。手前側入り口入って左前に見える草むら辺りが丁度良い。出現時刻は目安程度にとらえておき、出現位置に青い光が見えたらフォイエの連射(FOnm/FOnlで7発)を始める。ターゲットが表示されてからでは遅い。もし位置調整や軸合わせが間に合わなかった場合は、ターゲットが出たらzで飛び込みを押さえ、その後フォイエを連射する。

万一、飛び込まれて死んだ場合、ゾアはもといた方向へバックステップするので、生き返ったらそちらの方向にフォイエを連射する。近づかれる前に7発は無理なので、近づかれたら一旦パンチを誘ってその間に離れ、再びフォイエを入れる。

奥はdps後の扉が開いてから46秒後にftを置き、ダメージキャンセルが起きないように二人で殴る。通常、氷が解けるまでに倒しきれるはずである。倒しきれなかった場合で、FOが追いついているようなら、ゾアから直ちに離れてFOに任せたほうが良い。

手前HU+FO・奥HU

奥をHU1でやる方法は、次のレコン通路にFOが早めに到着するため、レコンで引っかかりにくくなるメリットがあるが、HUがゾアの対処に慣れている必要がある。また、ftを置くタイミングなどがシビアになるため、正確な時刻を知っている4Pがやったほうが良い。

手前は、ftで固めたところをフォイエ3発程度の援護を入れて、あとはHUに任せる。HUはftがフォイエの軌道上に来ないように調整する。軌道上にftがあると、フォイエがかき消されたり、ftの発動が早まってしまい凍らなかったりする可能性がある。なお、ftが早すぎて凍結しなかった場合は、速やかにHUは離れてフォイエに完全に任せてしまったほうが良い。

奥>誰かまかせた。ムービー参照。

ムービー

  • 21_14_1a.wmv
    • 特に工夫のないdps2基本形。ft→dt→H→dt→H→dt→凍結→NmNH→NN→ft→起き待ち→H→保険ft→HmNmH→NNN。
    • 1Pイカ開き 0:17。dps2開き 0:47。
    • 3個目のftは2個目とdpsの距離が離れたため、保険用のft。通常は置かない。
  • 21_14_2a.wmv
    • ゾア奥HU1。ft→dt→ct→NHH→ft→NHH→ct発動ft誘爆→NHH→NNN。
    • dps2終了報告時刻 0:53.5。

このページで使用されている画像の一部は(株)ソニックチームの許諾を得て、ニンテンドーゲームキューブ用ゲーム「ファンタシースターオンラインエピソード1&2」よりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています。

(C) SONICTEAM / SEGA, 2000, 2002, 2003.